FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
いきなりファンタジー とまらないっ><
彼女が森に入ると すぐ何かに見られてるような気がしたが

なぜか恐怖は無かった

そのまま出来るだけ まっすぐ突き進んだ


森を迂回して 街道に出るほうが安全だが 

彼女は村の者に見つかって連れ戻される事の方が怖かった


両親の前で人間で無い自分になってしまう恐怖


それに炎天下をこれ以上歩くには 喉が渇き過ぎていた
 

しばらく歩いて ふと見上げると空が僅かに見えるだけだ 

代わりに何処までも深い緑の光が満ちている




ホーーーホゥ 
コーーークワッ



聞きなれない鳥の声がする 

色々な音がするのに すべてどこかに吸い込まれていく 

何百年も人に侵される事なく 時を過ごしてきた樹海


コケむした巨木の根がいくつも重なり

短い距離を歩くだけで息があがってしまう


とりあえず水を探さなければ。


泉はどこにあるだろう?


ふと 子供の頃のある風景を思い出した 

村にくる行商のおじさんが 

長い蔓のついたままの芋のような実を 集まった子供達に見せていた


彼はたまにやってくる定期の行商人で 自身も近くの村にすんでるんだろう

タミルの村の子供達を可愛がって 旅の途中で見つけた物を見せたり 

色々な話を聞かせてくれた・・


小太りで 日焼けで真っ黒な顔をしていた 笑うと白い歯と目じりのシワが際立った

『森で迷子になったらコレを探すんだぞ この実の中は空洞で水が沢山入ってるからな』

丸い顔が にっこり笑うと ますます丸く感じられた

小さく頷くと  おじさんはそれを彼女に手渡した。



(どんな葉っぱが付いていたっけ???)


他にも色んな話をしてくれた・・・


あの水の入った実 おじさんが森で迷子になった時の話 旅の目印になる星座の話・・・



(アッ そういえば 

(おじさんの台車に積んである 水がめの模様と似た葉っぱだぁ) って思ったんだっけ )






「・・・・・どんな模様だったっけ?」



記憶を探るように辺りを見渡すと それは意外と簡単に見つかった 

多分これかな? と思われる葉っぱの付いた蔦は

白い大きな木には必ず絡まっていた

蔦をたどって地面を探して そこを掘ると 芋ずるしきに何個か実が取れた


古い記憶の中の木の実と似ている


水が飲めるかもしれないという興奮と 自分の小さな発見が嬉しくて

疲れてなければ 飛び上がりたい位だった

彼女が それほどこの木の実に気を取られてなければ

風のせいではない木の葉の擦れる音と 


黒い影が静かに彼女の背後に回ったのに


もしかしたら 気が付いていたかもしれない



石を使って 亀裂を入れ 半分に割ってみると中の小さな空洞から 少し水が出てきた

思ったより少ないが飲めそうだ

空洞の周りは 白い弾力のある果肉がついている 


少しかじってみると あまり味はしないが これもなんとか食べられる


もう一つの木の実を慎重に割ると 中の水を喉をならして飲んだ


その時 知らない内にとても敏感になっていた彼女の鼻が 何か獣の匂いを嗅いだ


本能で危険を察知して 大きくジャンプしたのと 

犬の顔をした豹のような獣が飛び掛ったのは殆ど同時だった

が 彼女の方が少し遅かった


獣は彼女の着ていた寝巻きの袖を縦に引き裂いた



ハラリと白い肩が現れた

血は出ていない

彼女はそれを素早く確認した



血が流れたらヤバイ。


本能でそう思った。




踵を返して 獣が襲い掛かる

彼女もスタートを切った

木の根が邪魔になる

すぐに足を取られてしまった

膝をついて転んだ彼女の上を 黒い影が飛びすぎる

転んだ時したたかに膝や腕を打ったが 跳ね起きて 豹が着地したのと反対の方に走る

この 木の根ばかりの樹海に

しなやかな体を持ち 屈伸能力が発達している犬頭の豹は 

とても優秀なハンターと言えるだろう



逃げる彼女の背中に 豹が鋭い爪で襲い掛かった



背中に衝撃が走った


血が!


匂いで他の獣が来る!


豹が次の攻撃に入る前に 2メートル頭上にある枝に飛びついた


そのまま足を掛け枝に登り すぐさまその上の枝に移った 


振り向くまでも無く 豹も木に登ってくる音が聞こえた


夢中で上に上がり 随分細い枝まで登った



これ以上登れない所まできて ようやく振り返ると 豹は5・6メートル下で 唸っていた





汗がドッと吹き出した


『助かった・・・』




額の汗に ふと風を感じた   



火照った体が冷んやりした。  




その木は辺りの木より一段と高いらしく 


黒い森のはるか遠くまで見渡せた


背中からは血が出ていなかったが 触るとパックリ割れているのがわかる





助かったけど・・・・死んでまでその体を利用してしまった




今朝は どうしてもこの半身を自分の背中からむしり取りたい衝動に駆られて 


何も考えずに家を飛び出したのだった




だが やはりその勇気が持てない・・・   




豹はまだこちらを見ては悔しそうに唸っている



少し降りて 木の実をいくつかもぎ また上に登ると豹めがけて投げつけた


その内の1つが頭に当たると 犬頭の豹はチラリと一別を投げて ソロソロと木を降り始めた




豹が立ち去るのを見届けてから 彼女はもう一度森の奥を見渡した。



左には山脈があり 一段と高い岩山があって 


その側にタミルの村がすっぽり入るくらいの湖が見える。


今日はこの森で寝ることになるだろう できれば野宿したくはない


よく見ると その高い山から湖にかけて崖になっている所に小屋のような物があるのに気が付いた


何か分らないが とりあえず人が作ったものに見えるので それを目指すことにしよう


人が作った物ならば 道もあるかもしれない



辺りを見渡して獣が居ない事を確認して 慎重に木を降り始めた


だいたい 15メートルほどの高さに降りた時 


もしかして地表を歩くより木をつたって移動した方が安全かもしれないと思いついた


毒蛇や毒蜘蛛などに気をつけなければならないが 


方向を確認しながら進むためにも 木の上の方が良さそうだ 


彼女は慎重に枝を選んで その上を進んだ。





丁度 その湖が目の前に見え始めたころ 


彼女の背後に赤オレンジの空を残して日が落ち 

目の前は 見る見るうちに すっかり暗くなってきた


今から寝る場所は探せない


『あの小屋が見つかるといいけれど』


湖に近づくにつれ 小屋は木の陰に隠れて見えなくなっていた


最後に見たときには 大きくはないが屋根と壁の一部と柱が見えた


壁に囲まれてなさそうなのは残念だが 


他に寝る場所を探すより どうしてもそこに向かいたかった。



しばらく湖畔を歩いてその小屋を見つけた時 


既に空には月が輝き 辺りを照らしていた


月明かりで湖の水面がキラキラと輝いている




少し離れた所で狼のような獣の遠吠えが聞こえた

早く隠れる場所を見つけなければ・・・。

頭では焦っているのに

さっきから 何か懐かしい 切ない匂いを感じて 胸のドキドキが収まらない


月明かりの中


湖から静かに一人の男が出てきて 小屋に向かって歩き始めた。



男は 彼女を見つけた。 



この世の者とは思えない程美しい男の唇が動いた


『  ・・・・・アシュレーか?』

【 2008/11/06 21:55 】

| 日記小説 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ファンタジーが止まらない・・・・ | ホーム | いきなりファンタジー  続き >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lisa1984.blog45.fc2.com/tb.php/87-76a70666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。